トップ
ソフトウェア
陶芸
陶芸
OpenGL
大戦略1208攻略
リンク
CG陶芸
釉薬
作陶
ぜーゲル式
釉薬のはたらきと成分 釉薬の再現性
釉薬は市販のものを使えばだいたい問題ありませんが、長くやっているとオリジナルで作ってみたいなぁという誘惑がでてきます。で、また市販のものに戻る人も多いのではないかと思います(私はそうでした)。何故かというと、簡単な話、面倒、大変、思ったよりも突飛なものはできない、などなど。でも、釉薬の知識を知っておくと、何かと役立ちます。市販の釉薬をベースに改良することもできますし、失敗の原因を推測しやすくなります。
あくまでも、個人的な主観で書かれてることも沢山ありますので、各自の責任においてご利用ください。引用して問題が生じても責任は取れませんから・・・。
釉薬のはたらき
陶芸作品を作ると、何も考えずほぼ釉薬を掛けてしまうという人は、釉薬にどんな働きがあるのか知っておきましょう。だいたい右の感じでしょうか。無釉の作品はこれらとは逆の位置にいるということですから、汚れやすく割れやすいので、雰囲気はよいけれど、あまり家庭用には向きません。釉薬によってはもザラザラで光沢のないものもありますが、その場合、ガラス状のものに比べ、汚れに弱く、強度も下がると思ってください。これは「釉薬の中でもより粘土に近いから」と思えばわかりやすいと思います。
1 器を強くする。
2 汚れにくくする。
3 色をつける。
4 光沢をつける。
5 表面を滑らかにする。
釉薬の安全性
近頃は食品の安全性とともに、食器の安全性も気にされるようになってきましたが、釉薬というのは安全なのでしょうか?答えは「危ないものもあるので注意が必要!」となります。自作すると原料が明確になるので、この危険は確実に回避できます。
例えば、楽焼のように
低い温度で焼くものには、鉛が含まれている場合があり、この場合は食器には向きません(絵付けは釉薬ではないので別モノとして考える)。海外で作られる安い食器は、温度を下げてコストを下げることがあるため、危険な場合があります。気にする方は、ちゃんとしたお店で食器は買いましょう。他にも、発色をさせるために、カドミウムのような、あまり聞きなれない金属が使われている場合も注意が必要です。特に酸化できれいな赤色の絵の具は成分に注意しましょう。
普通に陶芸用として売られている釉薬では、あまりこれらを含むことはないのですが、一応購入するときに「食器に使えますか?」と聞くようにしましょう。答えられないようなお店はちょっとまずいです。メジャーな原料では、
銅(織部釉やトルコブルー、辰砂で使用)がやや毒性があると言われています。かなり使われているにもかかわらず、実際その毒性で問題が起きたとは聞きませんが、妊婦さんの食器などには使わないほうがよいかもしれません。焼成後にできる酸化皮膜(ギトッとした油のようなもの)は、銅なので、塩酸やトチ渋で取り除きましょう。見た目もよくなりますから。
また、種類に関係なく、粉末状の釉薬を吸い込むと、体に悪いですし、液体状で飲むのも良くないです。その辺は基本的な釉薬の使い方を守っていれば、問題ない話です。決して焼成せずに排水溝に流してはいけません。
釉薬って何なの?
陶芸用釉薬はガラスになるから特別な薬品と思っている方がいるかもしれませんが、実は含まれる成分は粘土とほとんど変わりません。ただし、成分の割合が大きく変わります。実際、粘土に灰を混ぜて釉薬を作ることができます。
分かりやすい例が、信楽焼などで有名な灰かぶりに見られます。これは、無釉の壷を焼いたときに、燃料の灰が壷にかかってガラス状になるものです。つまり、粘土と灰でガラスになるのです。
重要なことは、灰だけでも、粘土だけでもガラスにはならないが、両方がうまく合わさるとガラスになるということです。間違って、灰だけで釉薬になると書いているものがありますが、単体で棚板に載せ、窯に入れてみれば分かりますが、絶対に溶けません。もし、灰だけでガラスになってしまうのであれば、窯の薪をくべる場所はガラスだらけになるはずですが、そんなことはありませんから。粘土と灰の割合が丁度よいときのみガラスになります。釉薬は、そのちょうどよいものなのです。ですが、書籍を見る限り粘土を使わないことがほとんどです。それは、他にもっと簡単に作りやすい原料が売られているからです。
釉薬の中身
釉薬と粘土は同じようなものと書きましたが、実際どのようなものがはいっているのでしょうか。右に主な役割を記します。掘ってきた土の成分バランスが粘土に向いているものが粘土になります。バランスの悪いものは、釉薬のバランス調整の使えるので、それぞれに役割はあります。以下にその代表的なものを記します。
また、釉薬に混ぜるもののルールとして、水に溶けないものを使うということがあります。これは、粘土にしみこんで素地に影響を与えないためです。
ガラスの元
ガラスを溶かしやすくするもの
.ガラスを粘らせるもの
色をつけるもの
単体で釉薬のバランスに近い  長石
長石は、3つのバランスが釉薬と非常に近いです。志野釉はこれ単体か、少々追加して作ります。多くの釉薬はこの長石をベースにします。粘土ベースに比べ右のようなメリットがあります。実際、釉薬を作る場合、ほぼ100%この長石かその一派が使われます
1 単体で釉になるので失敗しにくい。
2 他の原料が少なくてすむ。
3 .調合バランスをとりやすい。
4 レシピが豊富。
5 成分が安定していて安価なものが大量に出回っている。
ガラスの元を増やす 珪石など
釉薬はガラス状になるのだから、当然ガラスの元を含んでいます。そのガラスの元を多く含むのがこの分類で、珪石がこれにあたります。ガラスの元は、非常に高い温度でないと溶けない(1500度でもとけない)ので、この原料を増やしすぎると釉薬は溶けにくくなります。逆に少ないと、ガラスが形成できないので結局ガラス状になりません。鉱物以外ではわら灰がここに含まれます。
ガラスを溶かしやすくする 石灰など
ガラスは高温でないと溶けないはずなのに、はるかに低い温度(1200度)で溶けるのは、この成分があるからです。これを多く含むのがこの分類で、石灰がこれにあたります。ただし、沢山入れたから800度で溶けるようになるわけではなく、逆に溶けなくなります。その温度以下にするためには鉛を混ぜることが多く、低温用釉薬を食器に使う場合は必ず安全性を確認しましょう(どうやって低温用にしているのかはっきりしない釉薬は絶対に食器には使わないこと)。鉱物以外では前述の窯の燃料の灰(松灰)がここに含まれます。
ガラスの粘りをだす カオリンなど
ガラスが溶けたときに、粘りがなければ全部垂れてしまいます。そんなガラスに粘りを与えるのがこの分類で、カオリンがこれにあたります。粘りがでるということは、それだけ釉薬として機能する温度の幅が広くなることにもなります(溶け始める温度から、垂れてしまう温度までが釉薬の適温となる)。やはり量が多くても少なくても駄目です。ほぼ鉱物で加えます。
色をつける 酸化鉄など
3つのほかに、釉薬の色をつける成分があります。色はだいたい金属でつけます。といっても、釉薬に対して多くても10%程度(黒に近いの場合はそれ以上もあり)しか混ぜません。金属の種類によってだいたい色が決まっていて、鉄であればどの鉄であっても茶、黄系、銅では緑、青(還元で赤)という感じです。他の原料が天然ものか、それに似せた混合物であるのに対し、この原料は化学生成されたものが多用されます。危険な原料もあるので注意が必要です。
その他
上記分類以外にも、乳濁剤の骨灰といったような原料もありますが、多くの場合、上記4種類で釉薬の全体像を作り上げます。
  
Copyright Lichu since 2008 all rights reserved