トップ
ソフトウェア
陶芸
陶芸
OpenGL
大戦略1208攻略
リンク
CG陶芸
釉薬
作陶
ぜーゲル式
釉薬の勉強をしていて、ゼーゲル式という名前を聞くと、逃げてしまう人も多いでしょう。でも、難しそうなだけで、実はかなり単純です。今のように、表計算ソフトや専用ソフトがあれば、使いこなすのは目前です。とりあえず、ここでは上から順番に紙芝居形式で解説します。解説もありますが、一回、絵と題目だけを流してから読んだほうがよいでしょう。
※なお、ここでは分かりやすくするため、厳密な化学論や記述をあえて割愛している箇所がいくつかあります。
※画像の転載は禁止です。
釉薬は何?
釉薬は基本的にガラスです。不透明だったり艶がないものもありますが、基本的にガラス化しています。ガラス化しないものは、絵の具だったり化粧土など他のものに分類されます。(なお、厳密には磁器は粘土自体もガラス化しているといわれていますが、ここでは釉薬には含みません)
では、ガラスは何でできてるの?
シリカ(石英)は白い粉ですが、図では水色にしています。シリカが溶けて固まると、透明なガラスができます。
それなら、釉薬はシリカを水に混ぜたものなの?
シリカ単体は1400℃を超えても溶けません。もっと高い温度が必要です。普通の陶器や磁器の焼成では絶対に溶けません。もし1400℃で焼いたら、粘土が先に溶けてしまいます。
では、釉薬にするにはどうするの?
シリカ単体では高温が必要でしたが、アルカリを混ぜると、溶ける温度が格段に下がります。例えば、真水と塩水では凍る温度が違うように、他のものを混ぜると、溶ける温度が変わるものなのです。

※実際には後述のアルミナも含まないと陶芸の温度で溶けませんが、アルカリの働きを分かりやすくするため、ここでは無視しています。
じゃ、シリカとアルカリを水に溶かせば、釉薬になるんだね?
アルカリで溶ける温度は下がるのですが、釉薬は溶けるだけでなく、粘土に貼りついていないと意味がありません。溶けたとたんに全部下に垂れてしまうようでは釉薬にはなりません。なので、ここではとりあえず「一応釉薬」と書いてます。
釉薬ってそんなに使い勝手悪くないよ
アルミナを混ぜると、溶けたときに粘性が出るため、粘土に食いつきやすくなります。また「溶け始める温度〜適度な粘性がある温度」の範囲であれば、釉薬として成り立つので、結果的に対応温度幅も広くなります。ここまでくると、釉薬のベースとなる「基礎釉」ということができます。

※実際にはアルミナにも溶ける温度を変える力があるのですが、アルミナの働きを分かりやすくするため、ここでは無視しています。
この3つがそろえば、釉薬になるんだね
3つの原料が集まっても、バランスが悪ければやっぱり溶けません。釉薬になるためには、丁度よいバランスがあるのです。
簡単に釉薬になるバランスを知りたいんだけど?
ゼーゲル式は単純にこれら3つのバランス(比率)を数字にしているだけです。これは重さではなく、数の比率です。数は成分表を見ると分かります(難しく見えますが、実はそういうものです)。どうやって数えたのかは化学の話になるので、別で解説しますが、ここでは簡単に数の比率とだけ覚えてください。
でも、ゼーゲル式には色々もっと書いてあったよ
シリカ(別名:珪酸)、アルミナ(別名:酸化アルミニウム)はそれぞれ物質名なので、そのものしかありませんが、アルカリ(別名:塩基性成分)と呼ばれる物質グループは同じような働きをするため、複数を同時に使うことができます。(このため、実際のゼーゲル式では、このアルカリがどれなのかも記述します)
なんでアルカリは1つじゃないの?
アルカリはどれも溶かす働きをしますが、それと同時に起きることがそれぞれ異なっているので、これをどう組み合わせるかで釉薬が大きく変わってきます。どのアルカリがどうなるかは、双葉社の「釉薬基礎ノート」に写真がたくさん出ていて分かりやすいです。(左で酸化バリウムとしているのは、反応に関わるのは酸化バリウムで、それを加える形が炭酸バリウムなので)
ゼーゲル式は記号だらけだったよ
ゼーゲル式は世界中の専門家が分かりやすいように、世界共通である化学式と、比率の数字を組み合わせて記載します。また、比率も基準を設けないと分かりにくいので、アルカリの合計が必ず1となるようにするというルールがあります。
化学式なんて覚えられません
ゼーゲル式で使う化学式は主だったものだとせいぜい10個くらいです。しかも、多くの場合、読み方とローマ字読みの頭の文字が一致するので、案外覚えやすいです。

シリカ→SiO2 アルミナ→Al2O3
酸化カルシウム→CaO 酸化バリウム→BaO
酸化マグネシウム→MgO 酸化亜鉛→ZnO(亜鉛は英語でZinc)
酸化ストロンチウム→SrO 酸化リチウム→Li2O
酸化カリウム→K2O 酸化ナトリウム→Na2O
※KNaOは下記参照
KNaOってなんですか?そんな化学式見つからないのですが(蛇足。飛ばしてもOK)
釉薬では酸化カリウム(K2O)と酸化ナトリウム(Na2O)が似たような働きをするので、まとめて数えます(厳密には発色など異なるが、無視)。重さは違うのですが、ゼーゲル式では個数で考えるので、2つの数の合計をKNaOという架空の化学式で表し、どちらが含まれていても、KNaOを加算します。
出てきた名前の原料が売っていません
元々調合で使う原料は精製した化学原料ではなく、鉱物や植物の灰を用いていました。このため、今でも一般で調合する場合は、昔ながらの原料に似せたものを多く使います。また、釉薬に使う原料の前提として水になるべく溶けないということがあり(粘土にしみて悪さをする)、また酸化カルシウムや酸化バリウムなどは水と反応してしまうので、より安定して水に溶けにくい炭酸xxとなっています。炭酸xxは燃やすと二酸化炭素と分かれて酸化xxになります。
長石をKNaOの原料として上げていますが、実際長石はシリカ、アルミナ、アルカリがバランスよく含まれている原料です。例えば、志野釉のように、単体で釉薬になります。このため、調合のベースとして使います。
原料と成分の関係は?
釉薬原料は炭酸バリウムのように100%それだけというものは稀で、長石や灰、カオリンなど多くの原料はシリカとアルミナとアルカリが混合されていたり、複数のアルカリが混在していたりします。このため、計算にはちょっとしたコツがいります。特にゼーゲル式から手計算で再現するのは、ちょっと大変です。このため専用ソフトや表計算ソフトがあると、とても便利です。
結局ゼーゲル式はなんの役に立つの?
ゼーゲル式があれば、とりあえずどんな成分でこの釉薬ができているのかが分かり、再現の足がかりになります。同じゼーゲル式でも、結晶の仕方の違いや原料のばらつきなどで多くの場合再現できないのですが、闇雲の探すよりはるかに楽です。また、元の原料に依存せずに比較できることができます。(とどのつまり、何が入っているのさって比較をするときに便利)
また、釉薬の試作をする場合、特に有効なのが、今の状態から何を加えたらどういう釉薬になるのかを推測しやすいということがあります。数字では分かりにくいですが、グラフにすると非常に分かりやすいです。
色はどうするの?
ゼーゲル式には色の概念がありません。あくまでも基礎釉の構成をあらわすためのものです。このため、着色剤の金属は別途記載することになります。実際、色付けには酸化鉄や酸化銅、酸化コバルトなどの酸化金属が主に用いられます。
  
Copyright Lichu since 2008 all rights reserved