トップ
ソフトウェア
陶芸
陶芸
OpenGL
大戦略1208攻略
リンク
CG陶芸
釉薬
作陶
ぜーゲル式
作陶について
ここでは電動ロクロ(以下ロクロ)でのポイントをなるべく理論的に考えてみる。
ロクロの基本
基本はあくまでも基本。色々できるようになれば、逸脱した方法を使うようになる。ただし、基本原則をしらないと、応用は当然できない。
土殺し(芯だし)の基本
こんな手の使い方はNGだ!!!
よく、初めて湯飲みを挽くときに、上のような手の使い方を教える講師がいるが、あきらかな間違いなのは上、下の図を見比べれば分かる。講師は「それでできるんだから間違ってない」と言い張る人もいるが、物理的な原理、人間の骨格を無視して作業するのだから、やりにくいに決まっている。困ったものである。
こういう手の使い方をしよう
一見難しそうだが、プリンの空きカップなどを、この手の形で持ち上げる練習をすれば、すぐに身に付く。大きなものを挽く場合、指や道具の使い方は多少変わってくるが、基本は同じ。感性だけでなく、理屈で覚えておけば、応用もしやすい。
 
ロクロで行う基本的な作業(芯だし等は除く)は特別な場合を除いて
a.厚みを整える(一周が均一になるようにする)
b.薄くする
c.高くする
d.広げる
e.狭める
といったところである。これらを同時にいくつかやろうとするから難しくなる。例えば、ご飯茶碗など、広げながら厚みを整えつつ、粘土を伸ばしていくということを上手い人はする。当然、最初からできるわけがないので、最初に厚みを整え、次に必要な長さに伸ばし、最後に広げると段階を踏んで行えば、だいぶハードルは下がる。
ロクロを使う前に考えておくこと
ロクロがうまい人はどんな環境でもそれなりに挽けるが、はじめのうちは、事前の準備不足や間違いが上達の妨げになることも多い。何を気にするべきなのかをここでは述べる。該当することがあれば、なるべく改善することをお勧めする。
1.粘土の選び方
粘土はたくさん売られているが、高いものほど使いやすいかというとそうでもなく、案外高いものは使いにくかったりする。傾向としては以下のようになるが、店で一番安い粘土が案外使いやすい条件に合っていることも多い。小売があれば、いきなり大量に買わずに、少量で試してからにしたほうが良い。
腰がある粘土ほど作りやすいが、徳利などしぼるのが難しい。
石粒の入ったものは作りにくい。
顔料を含んだもの(色のついた粘土)は作りにくい。
磁器土、半磁器土などは作りにくい。
2.粘土の状態
粘土は買ってきた状態が必ずしも良い状態ではないし、保管しているうちに水分が減ってしまうことも多く、使うときに硬さを調整する必要がある。どのくらいが良いかは個人の好みがあるのでなんともいえないが、挽くときに水をつけるので、多少硬めくらいのほうが丁度よいと思う。
水分が多すぎ 素焼きの鉢や石膏の鉢に入れて水分を減らし、荒練りして全体的に水分量を均等にする。
水分が多い U字を逆さまにした形にして乾燥させて使う。乾燥させすぎないよう注意しなければいけないし、乾燥には時間が掛かるので、他の粘土があるときはそちらを使い、こちらはしばらくほっておき、ころあいになるまで待っていたほうがいい。
水分が少ない 小さく切って、それぞれを水の中でもみながらやわらかくし、それらをまとめてから菊練りする。大きいまま水を加えても、時間がかかったりムラになったりで逆に効率が悪い。
水分が少なすぎ 水の中に漬け、一回泥の状態に戻してから、水分が多すぎの手順を行うのが結果手っ取り早い。塊が大きいときは、金槌などで小さくしないとなかなか中までやわらかくならない。
硬さムラがある粘土 菊練で均一になるようなら、そのままつかう。土練機があれば、何回か通して様子を見る。駄目なようなら一度水に漬けて再生。
削りカスなどからの再生 少しずつ水を加えて再生すると、粘土の固さにムラができるので、一回水に中に漬けて泥にして再生したほうがよい。
3.座り方について
よくプロの作陶風景で、あぐらをかいて挽いている姿を見かけるが、初心者はこれを絶対に真似してはいけない。なぜなら、非常に難しく、非効率的だからだ。あれは、プロだからできるものだと捕らえたほうが良い。以下にあぐらの欠点を上げておく。
イスの場合、ロクロの回転中心が真上から覗けないようでは、座る位置が遠い。高さや足の長さは座布団などを使って調整する。
足が使えない ロクロは手の力でするものと勘違いしがちだが、土ころしのときは足の力を存分に使う。また、足の上にひじを置くと手を固定しやすいので、足の位置や高さの自由度が高いイスでのロクロのほうが効率が良い。また腕の力も、足が自由でふんばれるイスのほうが格段に大きい。
ロクロの回転中心から遠い 自分の前に足があり、必然的にその先にロクロがくるので、どうしても体からロクロの回転中心が遠くなる。遠くなると、それだけ手の安定が難しくなる。
回転速度を変えられない ペダルつきのロクロでは、足で回転速度を作陶しながら変えられるが、それができない。小さい作品でも、徳利や薄めの作品などは、回転速度を変えながら微妙な調整をしたほうがやりやすいし、大皿などは、広げていくときに回転を下げていかないと、遠心力に負けて垂れやすい。
疲れる 「なれ」といってしまえばそれまでだが、普通の人はあぐらをかいているよりも、イスに座っているほうが慣れていて、楽であり腰の負担も少ない。
4.ロクロの性能と種類
ロクロにも、当然ピンからキリまである。これは粘土と違ってだいたい値段の高いもののほうが性能がよいといってよい。ただ、自分の使う状況とあっているのかも重要なので、過度に高いものを買う必要はない。ロクロでは以下の点を気にしたい。
レスポンス ペダルやレバーに対する反応の良し悪しのこと。昔の機種には、この反応が悪い物がけっこうあった(高めのものでも)。反応が遅ければ、それだけ手の動きもそれにあわせないといけないし、形の変化にも合わせにくい。
パワー 大きいものを挽かないのならばあまり関係ないが、数引きをするとなると、大量の粘土をいじることになる。このとき、パワーの足りないものだと、途中で回転が止まってしまうことがある。すると、そこの場所が偏肉してしまう。
5.道具の配置
ロクロで使う道具は、特別なことをしない限り、ほとんど変わらないはずである。これらを、いちいち腰を上げずに取れる場所に置いておくこと。使うたびに探していたら、いいことありません。慣れてくれば、おのずと配置も決まってきます。
6.環境
寒かったり暑かったりでは、何をするにも落ち着きません。特に水を使う陶芸は、寒いとすぐに嫌になります。できるだけ、環境を整えてから始めましょう。
  
Copyright Lichu since 2008 all rights reserved