展開Zooとは

画面解説

作図図形

使い方

用語解説

サンプル

 
〜〜 作図図形 〜〜
 
◆作図図形について
本ソフトでは、常に面を形成しながら作図するシステムになっています(イラストレーターを使ったことがある方には分かると思います)。そのため、まず作図ボタンで元になる図形を作ります。ここでは作図コマンドで作る図形について解説します。なお、作図コマンドを実施すると、それまでの図形は消去されますので注意してください。数学が嫌いな人にはわかりにくいことと思いますが、図を見てなんとなく覚えて、適当に値を入れて試しているうちに分かると思います。
 
 
 
●図形1 正多角形 

正三角形や正方形など、正多角形を作ります。
角を丸めたものも作れます。中心は必ず原点(0,0)になります。
 
 
図形1 サンプル画像
・通常

普通の正多角形を作図します。

名称

範囲 

解説 

角数 3〜100角 多角形の頂点の数です。
半径 0.1〜40.0cm 半径の設定が0のとき
中心から頂点までの距離です(図中青線)。
半径の設定が1のとき
中心から辺までの距離です(図中赤線)。
半径の設定 0か1 半径参照
 
・角丸め

角を丸めた多角形を作図します。半径を0にした場合、頂点位置に丸めたときと同じ数の通過点が重なりますので、通常を選択した場合と見た目は同じですが中身は異なります。

名称

範囲 

解説 

角数 3〜100角 多角形の頂点の数です。
半径 0.0〜40.0cm 半径の設定が0のとき
中心から頂点までの距離です(図中青線)。
半径の設定が1のとき
中心から辺までの距離です(図中赤線)。
丸め半径 0.0〜20.0cm 頂点部を丸めるときの半径です(図中黒線)。必ず辺までの距離未満でなければなりません(辺までの距離と同じ値で円になってしまう)。値が辺までの距離以上の場合は何も作図しません。
半径の設定 0か1 半径参照
 

●図形2 長短角形

長短角形という言葉は造語です。形は正多角形の頂点部分をカットしたものです。指定方法は二通りあり、どちらでも同じ形のものが作れます。

 

図形2 サンプル画像
・辺長さ

辺の長さを指定して作図します。辺A、辺Bの長さが同じだと普通の多角形になります。こちらで作っても、中心から頂点までの距離はどれも同じです。中心は必ず原点(0,0)になります。

名称

範囲 

解説 

辺組数 2〜50組 辺ABの組数です。辺の数は組数の倍になります。(3組だと6角形)
辺A 0.0〜40.0cm 一本目(図中青線)の辺の長さです。長さが0のときは、通過点が重なります。
辺B 0.0〜40.0cm 二本目(図中赤線)の辺の長さです。長さが0のときは、通過点が重なります。
  
・半径と角度比

中心から頂点までの半径と、中心角の比率から作図します。

名称

範囲 

解説 

辺組数 2〜50組 辺ABの組数です。辺の数は組数の倍になります。(3組だと6角形)
半径 0.1〜40.0cm 中心から頂点までの距離です。
角度比率 0〜100% 一組の辺(2本で構成)の中心角度(黒線)のうち、何%を一本目の線の中心角(赤線)が閉めるかです。50%で同じ長さになります。0%で一本目、100%で二本目の長さが0になります。
 

 
●図形3 楕円

円・楕円を作図します。円だけではないため、半径の指定ではなく、縦横幅での指定となります。中心は必ず原点(0,0)になります。「距離平均」と「角度平均」の違いは、通過点の分布の仕方が異なります。丸に近い楕円だと、どちらもほとんど同じ外見になりますが、細長い楕円の場合は「角度平均」でないと、うまく楕円にならないことがあります(特に「横線開き」や「縦線開き」を使うとき)。
また、縦横の数字を入れ替えたものをそれぞれ底面、天井で作成し、片方を90度回転しても(例:天井5cm、3cm底面3cm、5cmで90度回転)、同じ図形にはなりません(微小なずれが生じます)。
 
 

距離平均

角度平均

 
図形
横3.0
縦5.0
形状指数 0.8 1.0 1.5 2.0(標準) 2.5 3.0 5.0

図形3 サンプル画像
・距離平均・角度平均共通

普通の正多角形を作図します。

名称

範囲 

解説 

楕円横幅 0.1〜40.0cm 楕円の横幅(図中左上の赤線)です。横線開き分は含みません。
楕円縦幅 0.1〜40.0cm 楕円の縦幅(図中左上の青線)です。縦線開き分は含みません。
横線開き 0.0〜40.0cm 軸線上を横に広げる長さ(図中右下の赤線)です。楕円は角度平均を使うほうが、直線とのつながりが滑らかになりやすいです。
縦線開き 0.0〜40.0cm 軸線上を縦に広げる長さ(図中右下の青線)です。角度平均を使うほうが、直線とのつながりが滑らかになりやすいです。
形状指数(2.0が標準) 0.10〜10.00 2.0のとき、通常の楕円になります。
大きくなると、角を丸めた四角形に近くなります。小さくすると、トランプのダイヤのようになります(上図参照)。
長さ平均   円周の長さを均等に分割するように通過点を配置します。基本的にこちらを使用します。
角度平均   中心角度ではなく、接線の角度変化が均等になるように通過点を配置します。なお、細長い楕円になると、図形作成上の都合で角度変化が一定ではなくなります。
 

●図形4 長方形

長方形を作図します。通常では、普通の長方形になります。
特殊では、角を斜めに切ったり、辺に丸みを持たせることができます。

 
図形4 サンプル画像
・通常

普通の長方形を作図します。

名称

範囲 

解説 

長方形横幅 0.0〜40.0cm 長方形の横幅です。
長方形縦幅 0.0〜40.0cm 長方形の縦幅です。
 
・角丸め

角を丸めた多角形を作図します。半径を0にした場合、頂点位置に丸めたときと同じ数の通過点が重なりますので、通常を選択した場合と見た目は同じですが中身は異なります。

名称

範囲 

解説 

長方形横幅 0.0〜40.0cm 長方形の横幅です。
長方形縦幅 0.0〜40.0cm 長方形の横幅です。
角切り長 -40.0〜40.0cm 角を切る長さです。値が+のときは図中上左のように縦横幅の外側に角切りが、-のときは上右のように縦横幅の内側に角切りがきます。長さが0のときは、角の通過点を二つにするか聞かれます。
横辺丸み -100.0〜100.0% 横の辺に丸みを付けます。+のときは長方形の外側へ、-のときは内側へ丸みが付きます。値は、辺の長さに対して何%ずれるかを入力します。長さが0のとき0%以外であれば、値に関係なく頂点と中間点の3点が重なります。
例:10cmの辺を1.5cm外側に膨らむ場合は15%となります。
縦辺丸み -100.0〜100.0% 横辺丸みと同じ効果を縦辺に付けます。
 

●図形5 菱・星型

菱形・星型を作図します。尖角数が2の星が菱形です。指定方法は二通りあり、どちらでも同じ形のものが作れます。中心は必ず原点(0,0)になります。

 
図形5 サンプル画像
・短半径

長半径(とんがりまで)と短半径(くびれまで)を入力して星を作図します。

名称

範囲 

解説 

尖角数 2〜100角 星のとんがりの数です。2で菱形になります。言葉自体は造語です。尖は「せん」でとんがりを意味します。
長半径 0.1〜40.0cm 中心からとんがりまでの距離です(図中青線)。
短半径 0.0〜40.0cm 中心からくびれまでの距離です(図中赤線)。
 
・尖角角度

長半径(とんがりまで)と尖角(とんがりの角度)を入力して星を作図します。

名称

範囲 

解説 

尖角数 2〜100角 星の尖角(とんがり)の数です。2で菱形になります。尖角という言葉は造語です。尖は「せん」でとんがりを意味します。
長半径 0.1〜40.0cm 中心から尖角(とんがり)までの距離です(図中青線)。
尖角角度 0.0〜20.0cm 尖角(とんがり)の角度です。
 

●図形6 2つの円
 
円を2つくっつけた図形を作図します。半径の指定により、両側に開いたものと、食い込んだものが作れます。

 
図形6 サンプル画像

名称

範囲 

解説 

左円半径 0.1〜40.0cm 左円の半径です。必ず+にしてください。
右円半径 -40.0〜40.0cm
(但し0は除く)
右円の半径です。+のときは両側に開いた雪だるま型になります。-のときは、食い込んだ三日月型になります。なお、0は指定できません。
中心間距離 0.0〜40.0cm 二つの円の中心の距離です。範囲は0〜40.0cmとなっていますが、実際は円の大きさによって変わってきます。作図できない値のときはメッセージがでます。
 

●図形7 扇形
 
扇形を作図します。両方とも円弧にすることができます。ABの位置関係は中心間距離が+のときはAが左、-のときはAが右になります。また、Aのみ半径が-にでき、このときは円弧の方向が左右逆転します。

 
図形7 サンプル画像

名称

範囲 

解説 

円弧半径A -100.0〜100.0cm 中心間距離が+のとき、左側円弧の半径です(図中青直線)。+のときは図中左上のように左に膨らむ円弧、-のときは図中右下のように右に膨らむ円弧になります。
開き角度A 0〜360.0° 左側円弧の角度です(図中青点線)。
円弧半径B 0.0〜100.0cm 中心間距離が+のとき、右側円弧の半径です。Aと違い-にはできません。
開き角度B 0〜360.0° 右側円弧の角度です(図中赤点線)。
中心間距離 -40.0〜40.0cm 円弧の中心の距離です。+のときAが左、-のときAが右になります。但し、半径の長さによって逆転することがあります。