トップ
ソフトウェア
陶芸
陶芸
OpenGL
大戦略1208攻略
リンク
大戦略 大東亜興亡史 ニイタカヤマノボレ一二〇八 攻略方法
攻略方法 航空機 艦船 陸軍 エクセルデータをダウンロード(陸海空、niitakaJPAM.xls)
※一部間違いあり。ホームページが正しいです。
セーブデータ改造プログラムはこちらからダウンロードできます。
開発・進化・改良について
ユニットについて
航空機について
艦船について
陸軍について
マップ攻略のポイント
開発・進化・改良について
進化・改良の実行(以下実行)は開発をしていなくても、決まった年月が来ると実行できる。
開発は毎月1日に提示される。戦闘中でも提示されるが、このとき使うお金はマップ中のものでなく、マップ間のもの。
進化は、前ユニットが★ランクになっているときに実行でき、ランクはEに戻る。
改良は、前ユニットのランクに関係なく実行でき、ランクはそのまま維持される。
1周目で開発していても、2周目に年月が来ていなければ実行できない。
開発元になるユニット(進化表の一番上)だけは、開発しないと生産できるようにならない。
開発元になるユニットで、一番最初のマップの開始日よりも前のものは最初から生産できる。
新兵器を開発すると、それよりも4つ前の兵器が生産兵器になっている場合、強制的に生産兵器が1つ進化する。ただし、分岐がある兵器の場合、生産兵器の進化がこの法則に従うかどうかは開発の仕方によって異なる。分岐する兵器を一切開発しなければ、純粋に3つ前の兵器が生産兵器になる。
 例:八九式中戦車を重戦車等開発せずに五式まで開発すると三式が生産兵器になるが、三式より前に超重戦車オイを開発すると八九式で止まる。
生産兵器が進化すると、それ以前の兵器は生産できなくなる。2周目以降で、生産兵器以前に分岐がある兵器の開発はできなくなる。
実行できるのは、生産ができるヘックスに格納されているか、そのヘックス上にいるとき。
実行には新規に作成するときと同じだけの金額が必要となる。
実行には燃料が満タンになる。残燃料が足りない場合は実行できないことがある(艦船で日本軍で発生)。
実行したときの機数が、新規の上限機数よりも少ないときは、機数はそのまま(補充で回復)。
実行したとき、元の機数が新規の上限よりも多いときは、上限機数になる。
実行したとき、耐久度はすべて回復する。
水陸両用の車両は、船形態のときにのみ実行できる。
実行前と実行後で格納ヘックスの種類が変化する強風→紫電は、海軍基地で進化するが、進化後は飛行場へ行かないとユニット数は回復しないし、海軍基地に格納もできなくなるので、マップ上の配置に注意が必要。
開発を否決すると、次の周目まで提示されないし、そのユニットの直系の開発も提示されない(実行はできる)。
開発の年月が逆転しているユニット(富嶽の系列など)は、2周目以降でないと開発提示されない。
開発の年月が最終マップより遅いものは、ループマップを繰り返し年月を進めないと実行できない(2周目日付は元に戻る)。
ループマップで繰り返すとき、以降のマップ間の空白日数がつめられて相殺される恐れがあるので、注意が必要。
ユニットについて
ユニットの攻撃力は搭載武器と判定回数に一存する。基本的に判定回数は武器と上限機数が同じなら同じなので、兵器の旋回性や速度などの性能に関係なく、搭載武器によって決まると考えてよい。
上記のことから、新しい兵器のほうが強いとは限らない。耐久度が多めな爆撃機のほうが、戦闘機よりも強いことが多い。
攻撃判定回数が艦砲の門数によっていないので、門数の多い艦が有利になっていない。
これらのことから、かなりバランスが史実と異なるゲームになっていることに注意する。
各ランクで次のランクにあがるために必要な経験値 E:20 D:30 C:50 B:70 A::80 計250
補給時に耐久度だけが回復するときは経験値はそのまま。
補給時に機数を補充するときは経験値は大きく減少する。1機あたりランクがあがるために必要な経験値の1/4程度減るので、Aランクで補充すると、かなりの経験値が減少する。ただし、ランクが下がることはない。
得られる経験値は相手のタイプやランクは関係しない。メガヘックス攻撃は直接攻撃したユニットの減少に対してのみ計算。
空母、輸送艦、輸送車などは、搭載した状態で移動すれば経験値が増える。自動行軍を使えば簡単にランクが上がる。
800キロ以上の爆弾や工兵で修復可能な都市や道路破壊でも経験値が得られるので、これらのユニットは経験値をためやすい。
偵察機のように、搭載も武器もないユニットの経験値は、索敵されていない敵にわざと接触して攻撃を受けることでためる。
耐久度の回復は、1ターンに2程度なので、戦艦などが瀕死になると、完全回復にはかなり時間が掛かる。
機数の補充数はユニットによってことなるが、耐久度に比べて格段に早いので、戦線への復帰はかなり早い。
マップ間の日数によって損傷したまま終了したユニットの回復率は変わる。長いほど回復する。
航空機について
全体
武器で一番強いのは命中率と攻撃力のバランスから20ミリ機関砲。どの陣営もこれを装備している機体はかなり強い。
800キロ未満の爆弾は機銃と強さがほぼ同じ(60キロが7.7、500キロで20程度)。よって、艦上爆撃機は存在意味がない。
20ミリ機関砲を搭載したユニットが格段に強く、アメリカ軍の多くが12.7mm装備のため、かなり日本軍に有利な設定となっている。このことから、20ミリ機関砲装備の航空機には先制攻撃を受けないよう注意する。
大型機の編成は1機なので簡単に撃墜される。雷撃では輸送船ですら反撃され簡単に負ける。都市攻撃にしか使えない。
大日本帝国軍
彗星二一型は、水上機になっているが、空母、水上機母艦どちらにも着艦できないので陸軍機として考えること。(バグ?)
彗星四三型は800キロ爆弾の判定回数が5回(他の機は1回)のため、異常に強い。戦艦相手でもほぼ一撃。(バグ?)
艦上機で最強は流星改。艦戦の烈風よりも耐久度、燃料に優れ、20ミリ機関砲、800キロ爆弾も装備できる。
日本軍最強の戦闘機は紫電改。燃料、耐久度、移動量、武装、いずれも劣るところがない。強風から発展なのが唯一の欠点。
零戦は最初からかなり強いが、思いのほか進化で強くならないので、進化は流星を優先させる。
飛行艇は燃料が多く歩兵も運べ、海上で墜落しないので◎。対潜攻撃が一方的にできるのもありがたい(蒼空は武器なし)。
蒼空は武器はないが揚陸が可能なので、天気に左右されることなく浅瀬で降車できるので案外使える。しかも8部隊も搭載できる。
富嶽は超高空のため戦車などに攻撃を受けない(対空兵器以外は低空のみ攻撃)が、航空機には簡単にやられるので注意。
二式飛行艇はかなり使える。輸送機に比べ、爆雷が4発つめて、燃料も多く、海上で墜落しないといいことばかり。
東海一一型は、港のないマップで唯一の対潜能力をもつ兵器なので、6機程度生産しておきたい。
アメリカ合衆国軍
全体的に12.7ミリ機銃装備が多く(進化表のほとんどがピンク)、使えないものが多い。ジェット機は特に使えない。
通常の期間内に開発できる艦上機の中で一番使えるのはF2A-3バッファロー。AD-1スカイレーダーはさらに強いが開発が遅く、燃料が多少少なめ。史実で有名なF4F、F6Fはかなり弱い。F8F-2Nになるまで20ミリは装備されないし、F7Fは艦上機でなくなる。
艦上機で800キロ以上の爆弾が搭載できるのは、AD-1スカイレーダーのみ(一応B-25ドゥーリトル仕様は搭載できるが微妙)。都市の破壊はB-17系列が中心となる。
全体で最強の艦上機はF2H-2バンシー(F8F-2Nも同程度だが速度が遅い)。ただし、かなりできるのが遅いので、使うのは厳しい。全航空機では、AD-3Nスカイレーダーが耐久4、20ミリ機関砲装備で強いが、回避力でバンシーに大きく劣り、弾数が少ない。
アメリカ軍の飛行艇は歩兵を運べない。よって輸送機が大活躍することになる。
B-29Aなどで使える核爆弾はかなり凶悪。確実に地上ユニットが破壊される。しかし、経験値稼ぎを考えると使わないほうがよい。
最初のマップで配置されているP-40系統の航空機は邪魔なので1機を除き全て1ターン目に解散させ(全部解散すると、負け判定になる)、他のユニットの経験値稼ぎにつかうほうがよい。最初のマップを開始する前にF2Aを作っておき、配置する。
艦船について
全体
戦艦は射程が長く、耐久度も高く、主砲同士では相手の反撃を受けないので、アウトレンジ戦法でかなり使える。
潜水艦は速力があり索敵には向いているが、戦艦や空母にも反撃を受ける(先制攻撃はできない)ので、攻撃には向かない。
水上機は戦艦や巡洋艦に搭載できるが、燃料や武器の補充はされない。水上機母艦(最上最終型なども含む)のみ可能。
主砲はすぐに弾切れを起こすので、常に油槽船を用意しておく。
艦船の開発費は異常に高いので、基本的に開発は開発元となるもののみにする。開発元以外は、進化・改良は開発をしていなくても、決まった年月が来ると実行できるので。(実際開発してまで必要な艦船はないが・・・)
砲艦、フリゲート艦などはまったく必要ない。
大日本帝国軍
大和は戦艦で速度と索敵範囲、攻撃力いずれも一番良いので進化させたほうがよい。
93式魚雷は射程が長くアウトレンジ攻撃が可能なので、かなり強い。巡洋艦は全て最初から装備している。
巡洋艦、駆逐艦は対潜用に重巡洋艦だけあれば他はいらない。移動が早くても耐久度が少ないので前衛にするとやられてしまう。特に駆逐艦は93式魚雷が装備できるまでにかなり進化に時間が掛かるので、費用もかさみ、耐久度も低くまったくいいところがない。
重巡洋艦は最初から完成形といえる最上がよい。必要に応じて強風の母艦になる最終型に進化させられる。
空母は搭載機数や防御、速力、武装から考えて赤城だけで十分。進化は改悪なのでそのままでよい。
輸送艦は港でしか乗降できないので、飛行艇に搭載できる日本軍では必要ない。揚陸艦になっても使うことはない。
アメリカ合衆国軍
アイオワは戦艦で速度と索敵範囲、攻撃力いずれも一番良いので進化させたほうがよい。
正規空母はヨークタウンのみ進化するので、これだけ作る。進化はいいことだけなのでどんどんさせる。
米軍の巡洋艦は対潜兵器を搭載しないものが多いので、進化には注意が必要。魚雷と爆雷を備え、かつそれなりの防御力がある軽巡洋艦が意外と使いやすい(なぜか爆雷はユニットが重なった状態で使えないが、魚雷は使える)。いずれにせよ魚雷が弱いので、対艦戦闘には向かないし、潜水艦攻撃でもかなり被害を受ける。対潜攻撃は下記の水上機のほうが安全。
水上機母艦はラングレーしか存在しないが、対潜兵器として水上機キングフィッシャーを搭載して使うと意外と使える(他の艦艇では搭載できても補充ができない)。
飛行艇が歩兵を搭載できないので輸送艦は必要だが、揚陸艦でないと使えない。しかし、全マップで航空機が使えるので、結局いらない。
陸軍について
全体
歩兵は耐久度が低いので、武装があっても攻撃はよほどのことがない限り避ける。
海軍、空軍がメインとなるマップがほとんどなので、歩兵以外はほとんど活躍の場がない。特に米軍は必ず航空機が使えるので、歩兵以外は強くてもあまり必要ない。
全体的に戦車は燃料が少なめ、砲弾多めになっている。運用するときは必ず補給車が必要になる。
工作車が作る橋は歩兵などの軟部隊しか通れないので注意。補強しても通れるものは変わらない。
工作車は、修復は資材なしでできるが、補強では必要になる。補強は規定の耐久度の半分を超える強度にすること。
輸送トラックは道が整備されているマップではかなり使える。しかも、盾にしたり、索敵に使ったり、マップ終盤で解散し、新しい高いユニットを生産するということも気兼ねなくできる。
大日本帝国軍
陸軍はほとんどが対空装備をもたない。しかも対空兵器はかなり弱いので、航空機以外では航空機に対抗できない。
戦車は硬兵器にはほとんど盾にしかならないので、攻撃しないこと。攻撃は後に配置した加農砲で攻撃する。
歩兵はかなり種類が多いが、空挺兵(乙)、騎兵(乙)以外はいらない。他は開発されるまでのつなぎ。なお、どちらも(甲)は進化先がしょぼいので、必ず(乙)を生産すること。
加農砲は進化すると攻撃力は落ちるが、移動力、弾数が上昇するので、進化したほうが使いやすい。
一式砲戦車ホニIIは、日本軍で唯一変形なしで遠距離攻撃できる兵器。沙草峰を大勝利するには、かなり役立つ。
アメリカ合衆国軍
歩兵の種類が多いが、使えるのは空挺兵とレンジャー部隊だけ。他は開発されるまでのつなぎ。
陸軍はほとんどが低空に対する対空装備をもっており、低空以外がほぼ存在しない日本軍相手では高射砲は必要ない。偵察車や輸送車ですら対空装備があるものもある。
戦車は常に日本軍より強いが、結局航空機を使うことになるので、あまり意味はない。(米軍はどのマップでも航空機が使える)
マップ攻略のポイント
勝利方法は、1.敵を全滅 2.根拠地全てを占領もしくは破壊
航空機のない面では、根拠地は占領することになるが(工兵での破壊は移動方法の観点から非現実的)、航空機が使えるようになると、攻撃機の800キロ以上の爆弾で破壊するのが手っ取り早い。ただし、晴天でしか破壊はできないので注意が必要。
敵軍のユニット生産は無限ではないので、各マップで得られる経験値には上限がある。逆に言えば、地道に敵を破壊していけば、次第に敵は減っていき、攻略ができる。
輸送機や油槽船、攻撃機は敵との交戦以外でも経験値が増えるので、必要以上にこれらのユニットで攻撃しないほうが経験値は効率よく貯められる。戦艦や巡洋艦でもこの手は使える。
・輸送機・戦艦・空母等→搭載した状態で移動で経験値獲得
・油槽船→補給すると経験値獲得
・攻撃機(800キロ爆弾以上の航空機全て)→自分の都市や道路の破壊で経験値獲得。自分の都市の補修は資材なしで工兵で可能なので、コストを掛けずに経験値は時間の許す限り貯められる。(ただし破壊は晴れの日だけ可能)
特定マップの攻略方法(大日本帝国軍のみ)
第一次ノモンハン事件(その後)
初めて航空機が使えるマップ。日本軍では、艦上機は試製流星に進化(42年12月)するまでは零戦、その後は流星系がメインとなる。なぜか九〇式艦戦は零戦に進化しない(進化表参照)ので、ここで育てるのは九六式艦攻のみ。他の艦戦、艦爆はいずれ使わなくなるので、育てなくて良い。そうなると、弾数の少ない艦戦は作る意味がないので、航空機は艦攻を対地用、艦爆を対空用として用いる。
沙草峰
沙草峰で大勝利するには、開始日から4日後の深夜(8/1開始なら8/5の深夜)までに終了しなければならない。しかも航空機は使えない。これを達成するには1周目ではまず不可能。私は2周目で騎兵x2、給油トラックx3、一式砲戦車ホニIIx4、残りは三式中戦車と一式中戦車という編成で攻略した。ホニIIは変形の必要がないので時間短縮に効果的だが、弾数が2なので、補給を効率的に行うこと。勝利方法は全滅が一番手っ取り早い。日数からしてキャンペーンでしか大勝利はできない。
百団大戦
臨時列車と騎兵2部隊が最初から配置できないと、飛行場を敵が飛び立つ前に占領できないので、このマップ攻略前に必ず生産しておく。これらを右端の陸軍基地に配置して、騎兵を搭載した後全速で南下する。途中一部隊降車して先行させ鉄橋を占領、続いてもう一部隊で飛行場を占領する。(キャンペーンのみ有効)
シンガポール
輸送トラックx2、騎兵x4、給油トラックx1を事前に用意しておく。できれば、前のマップまでに乗車状態にしておくと、開始時の配置ユニットを多くできる。開始後、ひたすら下の空港を目指す。途中の都市はとりあえず無視し、後で占領する。首都近隣の橋は超えずに専守防衛に徹しておき、航空機ができたら一掃する。(キャンペーンのみ有効)
第二次ノモンハン
このマップも1周目では大勝利は不可能っぽい。2周目は、大量の零戦一一(燃料70以上ならよい)と2機の連山があれば簡単に圧勝できる。あくまでも一方通行で攻撃する前提で行動する。零戦一一では燃料がギリギリなのであまり回りこんでの攻撃はしないこと。紫電改がたくさんあれば、かなり楽勝。
フィリピン攻撃
このマップでは海軍基地も飛行場も最初領地になっていない。海軍基地はすぐに占領できるが、飛行場は結構遠い。よって前のマップ終了時にはかならず空母に零戦を満載させておくこと。それさえ守ればあとは普通のマップ。
インパール
山越えで飛行すると半分しか移動できなくなり、予想外に燃料切れになってしまうので、道路沿いに進軍していく。根拠地の左はずれのものが見落としがちなので注意。
米国西海岸攻略
自国の根拠地から最短距離の敵飛行場までかなり距離があり、二式飛行艇がないと占領はかなり厳しい。米国本土には港が存在しないので、飛行艇は片道乗り捨て(海に浮かんで墜落はしない)になる。戦闘機は紫電改なら届くが、なければ艦載機を使うので、空母の進軍に合わせて飛行艇を離陸させる。なお、敵海軍は飛行艇のみである。
  
Copyright Lichu since 2008 all rights reserved